中尾悟

河合塾が誇る英語科Big4の一人。
東大系・京大系の授業を主に担当する。
テーマ別では解釈系の授業を主に担当。
上位の大学志望のクラスを数多く担当しておられ、大学受験科では、大阪校のK1、K3、EC/ELの英文解釈/読解T、ECの東大系統講座、EG/EVで英文法・語法Tを担当。2017年度まで医進館のJZでも英文解釈/読解Tを担当されていたが、2018年度より医進館での担当はZLの英文法・語法のみとなっている。(師曰く、引き続きJZの英文解釈/読解T担当する予定であったが、時間割の都合上そうなった模様。師の枠は西岡直人先生が引き継いでいる。)
グリーンコースでも多くのハイレベルな授業を担当。特に、高2ではかなりレベルの高い学生ばかりが受ける授業(『ONE WEX英語(中高一貫)』)を受けもっている。

かなりロジカルでテンポ、メリハリの良い、スピーディーな授業をなさり、論理的な解説は特に理系の人にマッチしやすいように思われる。とても情報量の多い授業である。特に英文解釈の授業では、他の講師の追随を許さない。
急いで書くからだろうが、板書の字は汚め。(慣れると全く気になることはない)
文章を読んでいきながら構文をしっかりとり、必要があれば発音や単語に関することもその都度説明する。 その際は、プリントを使う。
英文解釈Tの授業プリントは、その文章におけるポイント(構文解説、その文章の内容に関する問題、サブテキストの構文の対応箇所など)をすべて抑えていて、復習時には非常に役立つ。特に語句欄は、英文中に出たのに加えて、cf. として関連語句や別の意味、東大京大などで出題された例文の訳などを書けるようになっていて、本当にためになる。この語句欄は師が授業中に口頭でおっしゃることをメモする形式である(適宜板書することもある)。聞き漏らしたりした場合は授業後に聞きに行けば丁寧に教えて下さる。
師の英文解釈の授業は、プリントには書ききれない程板書をなさる。プリントに書き込んでもいってもよいが、下線部だけノートやルーズリーフに写しておいた方が復習しやすいと思われる。

大抵の英語科講師は、名詞節・名詞句は丸括弧で、副詞節・副詞句は三角括弧で…と、品詞別に書き分ける講師がほとんどであるが、師の場合、句はすべて(品詞に関わらず)丸括弧で、節はすべて三角括弧でかき、節の中に節が入り込む場合は四角括弧を使用する。これに慣れると、前者で構造把握するよりも早く構造を捉えることができるようになる。
分離した先行詞の訳し方、否定文+様態のasの訳し方…etcのテクニックも教えてくれる。
師の英文解釈の授業を受け続けることで構文把握、英文和訳に関しては圧倒的な自信がつくことは間違いないだろう。

師は全訳をして復習することを推奨なさっており、添削もしてくれる。

授業中雑談はよくする。勉強に関する話が多い。エクシードを担当しているからか、東大や京大医学部の話が多い。話には、しっかりオチをつける。とても面白い。
特に医進クラスでは医学部、医者についての雑談をよくする。
日本語、英語、共にボキャブラリーが豊富で、講師陣の中では、トップクラス。授業中に、生徒のやる気が沸き上がってくる言葉や、厳しい言葉を口にする。質問対応も素晴らしい。質問が終わるときも、やる気がでる言葉をかけてくれる。

「(浪人の授業にて)あなた方が頭がいいのは、分かってます。でも、何かまずかったから、ここにいる。それを探ること!」
「常に、英単語帳は携えて、…(以下略)完成シリーズが実り豊かなものになります。」
「『予習をしない』というのは、『入試を放棄した』ということです。」
「いい大学というのは、君らにとっての第一志望であるということ。そこは世間が何と言おうと絶対にいい大学!!」
「河合塾は日本の三大塾の1つですよ!慶應義塾!津田塾!河合塾!3つ目には行きたくない。(生徒)(笑)」
「いいですか、あなた方は「今年が最後」ですよ。来年には必ず医学生になってくれ!」

医進クラスの授業の時には、行かないけど私大医学部を受験する(いわゆる力試し)のことをよく「力の証明」と言う。
またこの時よく某S台のキャッチコピーを引き合いにだす。
「諸君らの中には大阪医大などを受けて、『ここ受かれば一応国公立の合格も見えるだろう』といういわゆる力の証明をする方も多いでしょう。でももし私立にしか受からなかったら次の年ここ(河合塾のこと)に来る方もいらっしゃいます。やっぱり『第一志望は譲れない』んですね。(生徒)(笑)」

口癖は、「予告のtheッ」「最寄りのtheッ」「the予告ッ」「(節をここで)切っちゃう」「(ここはこういう風に)なっちゃう」「はい書いて」「はい次。」「い~い?」「はいおぉぉぅきくマーク。」
発音もおしゃれ。
what→ウォッツ
to→ツッ!
too→ツーッ
too~to~→ツーツッッ!

お年の割に服装はとてもオシャレで、女子生徒からの人気も高い。
校舎外ではとても派手なサングラスをかけていらっしゃる。とてもかっこいい。

また、刀禰先生と仲が良く、講師室では笑って話をする姿が度々目撃されている。
かつて、横浜校に出講していた頃、講習で刀禰先生と同じ講座を担当しており、人気を二分したほどの実力である。

  • 最終更新:2018-12-07 22:52:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード