夏期講習-物理

センター試験対策講座

  • センター試験対策物理基礎
文系の生徒対象。

  • センター試験対策物理
理系の生徒対象。

医進講座

  • 医進トライアル(物理・化学型)

ハイパー講座

  • ハイパー物理(高3生対象)
高3生のみが受講できる講座である。通期授業の一環としてある講座で、担当は17年度より乾先生。
テストゼミではなく、テキストを用いた講義形式である。扱う範囲は、「熱分野・電気分野」である。
授業は180分で、前半約90分は基礎事項の解説があり、高校範囲にこだわらない厳密な説明がなされる。ここでとった板書は入試本番まで役に立つ貴重なものである。後半は、テキストにある問題の解説。テキストにある問題は、主に東大・京大・阪大の問題であり、レベルとしては河合出版から出ている参考書、『理論物理への道標』とほぼ同じであると想像しておくとよい。いわゆる、「有名な難問」が多い。
5日間非常にハードな授業となることは覚悟しておいた方がよい。5日間終了後に「認定テスト」があり、ハイパーの認定を持っていない人もここで取得することが可能である。

発展講座

  • トップ・ハイレベル総合物理
難関大志望者対象。
問題は東大のやさしめのレベルから、地方国公立大レベル。いわゆる『難関校での頻出問題』が網羅されている。例えば、重心運動、点電荷の単振動、薄膜の干渉、ヤングの実験など、『名問の森』に収録されているような問題が多い印象を受ける。
京大阪大等の難関大の、医学部以外の志望者ならこのテキストで十分だと思われるが、最難関大学の医学部志望者には物足りない印象を受ける。
問題は12問ほど収録されており、問題編とは別に基礎事項の簡潔なまとめがテキストには付随している。1回の授業でおよそ2〜3問くらい進むと思って予習しておくと良いだろう。
別宮先生は基礎シリーズで自分の授業を受けている前提で話を進めるので、受けていない生徒、外部生が取るのはやめとくか違う先生にした方がいいかもしれない。

  • トップ・ハイレベル物理(電磁気)

  • トップ・ハイレベル物理(熱力学)

標準講座

  • 総合物理

標準・入試学力養成講座

以下4つは映像授業。
  • 頻出物理(力学・熱・波動)

  • 頻出物理(電気・磁気・原子)

  • 入試頻出物理演習(力学・熱・波動)

  • 入試頻出物理演習(電気・磁気・原子)

入試学力養成講座

  • 入試学力養成物理

テーマ別講座

  • テーマ物理(力学・熱)

  • テーマ物理(波動・電気)

  • テーマ物理(磁気・原子)

大学別対策講座

  • 東大物理

  • 京大物理

  • 阪大物理

  • 最終更新:2017-07-17 10:05:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード