数学-テキスト

Tテキスト

  • 数学1~4(理系)T
テキストの初めにも書かれているが、東大京大などの難関大学、医学部志望レベルのテキスト。一定以上の学力が前提(理系数学演習Tも同様)。コースによってはTテキスト固定もある(東大、京大、トップ医進など)し、サクセスクリニックの出来により、*もしくは無印のテキストになることもあり、また元々Tテキスト対象ではないコース(ハイレベルコースなど)もある。
扱う分野は、
1:主に方程式・不等式、整数、図形と方程式
2:主に三角関数、ベクトル、複素数平面
3:主に数列、場合の数、確率
4:主に数3の極限、微積分
(4は完成シリーズから数学微・積分演習に変わるため、4は基礎シリーズのみ)
基礎シリーズの間はまだ楽だが、完成シリーズのはかなり難易度は上がる。基礎シリーズはテキストにも基礎事項・自習コーナーが掲載されているが、完成シリーズのテキストは問題のみが掲載されているので、非常に薄い。基礎シリーズのテキストは基礎の完全習得を目的とするので、全問きっちり解けるようになりたいものばかりである。とはいえ各講、最後の問題はかなりハイレベルな問題もある。具体的には、基礎シリーズの問題はフォーカスゴールドで言うと****のレベルの問題がほとんどであり、各講の最後の問題はLevel up問題と同程度又はそれ以上であると言える。完成シリーズのテキストは本番で捨てる問題を判断できるようにするため、いわゆる捨て問を数問配置されている。テキスト作成チームでは捨て問を見極められるように、完成シリーズのテキストにはゴミ問題(捨て問のこと)を入れることにしているようである。
森井先生はテキストのあり方に不満がある模様(授業を受ければ分かる)。

  • 理系数学演習T
テキストの初めにも書かれているが、東大京大などの難関大学、医学部志望レベルのテキスト。一定以上の学力が前提(数学Tも同様)。コースによってはTテキスト固定もある(東大、京大、トップ医進など)し、サクセスクリニックの出来により、*もしくは無印のテキストになることもあり、また元々Tテキスト対象ではないコース(ハイレベルコースなど)もある。
Master講座のテキストなので、Lecture講座の数学Tの問題よりも難易度が高い問題が掲載されている。基礎シリーズからなかなか鬼畜レベルな問題も。
特定の大学を志望するコースに所属している場合は完成シリーズは特定大数学に変わる。トップ国公立大など、特定大の授業がない人は完成シリーズも引き続き理系数学演習Tの授業がある。

  • 数学微・積分演習T
数学4Tが完成シリーズになると名称が変わり、数学微・積分演習Tになる。

  • 数学1~3(IIB型)T
東大コース、京大コース、一橋大コース、トップレベル阪大コース等の生徒が使用する。

  • トップレベル文系数学演習(東大・京大)
通称『トップ文数』。
東大コース、京大コースの生徒のみが使用する。
前期からかなり難しい問題が並ぶ。


無印テキスト

  • 数学1~4(理系)

  • 理系数学演習

  • 数学微・積分演習
数学4が完成シリーズになると名称が変わり、数学微・積分演習になる。

  • 数学1~3(IIB型)

  • 数学演習(IIB型)

  • センター試験数学IAIIBテスト(完成のみ)

  • 数学基本事項集(サブテキスト)
Tテキスト、無印テキスト共通。
名の通り、基本的な公式や定理が載っている数学の辞書的なものである。基本事項集なので、基本だけが載っているのかと思うが、発展的な内容や教科書に載っていないことなども掲載されている。


大学別テキスト

  • 東大理類数学
渋谷司先生(関東)が作成チーフ。
各講3題ずつ、巻末に添削問題が3題付いており、チュートリアルで提出する。
東大理類という名称ながら、実際は他大学の過去問を改題したものや、OPの過去問が多い。
各問東大の特徴を良く捉えており、過去問をあまり使っていないので演習の邪魔にもならない。ただ問題数が36題しかないので、講習等で補った方がいいかもしれない。
西浦先生担当のときは各講補充問題を配り、かつサクサク進める。余った講でテスト演習を行う。
姉妹テキストに、ハイパー東大理類やプレミアム東大理類があるが、いずれも関東の専用コース向けで、基礎シリーズのテキストはTテキと大差ない。
なお、河合塾の東大理類テキストは現浪通期講習を問わず渋谷先生チーフであり、“はじめに”で中々お茶目な師の余裕さが伺える。

  • 東大文類数学
東大や国公立大医学部などの入試問題を題材として、東大風に誘導を外すなど、さらに難しく改作した問題が中心。東大対策として、とても質が良いテキスト。


  • 京大理系数学
武藤先生が作成に携わっている。京大の標準~やや難レベルの問題に対処する力をつけることを目標として1講あたり3~4題を扱う。出典は京大オープンや国公立大で、京大風に誘導を取り外すなどの改題を加えられている。
添削課題が3題あり、3,6,9講のチュートリアルで提出する。藤田先生曰わく、添削は友達や講師、フェローなどと答え合わせをしてもよいから「添削」になるようにしてほしいとのこと。

  • 阪大理系数学
森井先生が作成したテキスト。阪大合格に向けてLecture講座で足りない分野を補完するようなテーマで、1講あたり1題の例題と3題の演習問題で構成されている。第4講と第8講にはテストゼミを行う。答案は回収され、添削される。
師曰く、3題のうちの1つ目の問題は理工学部志望生向けで、3つ目の問題は医学部医学科志望生向けのレベルになっているとのこと。京大理系数学のテキストの問題よりも格調高く、難しい感じを受ける。数学の得意な層には面白くて丁度いいレベル。
  • 神大理系数学

  • 最終更新:2018-09-10 07:31:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード