用語集-た行

  • 大学別ガイダンス
秋頃に大学の入試広報課の担当者を呼んで、入試情報や大学情報について話を聞かせてもらえる講演会。参加者にはもれなく願書がもらえる。また入試傾向についても話をしてくれるが、「教科書から逸脱した内容は出さない、難問奇問ではなく良問を中心とした出題」など、かなり漠然としたことしか言わない。第一志望でない場合はそこまで行く必要はないと思われる。またこのガイダンスはほとんど私立大学がメインで国公立大学は少なめ。併願校でもあまり行く意味が感じられない。私立大学の場合は大学パンフレットとともに、願書が配布されることもある。

  • 大受生
大学受験科の生徒のこと。
端的に言ってしまえば河合塾に通う浪人生(高卒生)のことを示す。
河合塾において浪人生という言葉は一応禁句扱いとのことだが、講師もテキストも用いている。ハッキリ言って逆に浪人君と言ってくれないのも白々しい。

  • 谷町線
大阪市営地下鉄の路線。大日~八尾南を結ぶ。6両編成で紫のラインが目印。路線記号は「T」。難しい駅名も多い。上本町校へは谷町九丁目駅。

  • 多浪
原則として二浪以上の人のことを指す。医学部を目指して頑張っている人もいれば、すでに進学を諦めて予備校に遊びに来ているような人もいる。それはお金の無駄である。
オーラが一浪とはまるで違うのですぐに分かる。

  • チューター
担任の先生のような存在。普段はプリント印刷や電話対応などをしている。あまり規模の大きくない校舎であればかなり面倒見がよいが、規模が大きい校舎では「業務が立て込んでいる」と言って悩みの相談を断るチューターもいる。
決して講習を取らせることとモグリを検挙することだけが仕事ではないようだ。
現役生のチューターはアルバイトの大学生が担当する。

受験に本当に詳しく信頼されるチューターもいれば、河合塾のシステムすらろくに理解していないようなチューターもいる。(ひどいチューターだと「理科基礎」と「専門理科」の違いが分かっていないチューターも確認済み)
大学受験科では優秀なチューターほど上位クラスを担任する傾向にある。

基本的に自分でチューターを選ぶことはできず、相性が悪いチューターが担任や面談担当チューターになると受験生の精神衛生上良くないため、合わないと感じたらカウンセラーの先生を利用して悩みを相談したり、何かしらの行動を起こす必要がある。
面談で非効率な勉強方法を勧めるチューターもいるため、勉強方法については信頼している各科目の講師に相談する方が賢明である。

2017年度の大阪校京大PLUSゼミ(英語)で、チューターの不手際(プリント印刷のミス)で授業が1時間以上延長した。チューターは有害な存在となることもある。

  • チュートリアル
高校で言うホームルーム。週一でチューターによる諸連絡や模試の返却などを行う。小テストを行ったりもする。芸人のチュートリアルの二人は浪人時代に河合塾に在籍しており、これがコンビ名の由来となった。チュートリ。

  • テストゼミ
授業の最初に問題を解き、その問題の解説を中心とする授業形式。完成シリーズからは理系国語やその他の英語等でこの形式の授業が増え、実戦シリーズからはほとんどの授業(一部、例外あり)がテストゼミとなる。

  • トイレ
1日1回は利用するであろうトイレ。
大阪校医進館には各階に洋式トイレが2つずつしかなく、浪人は3,4,5階フロアしか使えないため待っている人が多い。たちのわるいことに1回20分以上もこもっているものや、トイレ内で勉強する再受験生など迷惑な者がかなりいる。しびれを切らしてそばにある中津駅へと用を足しに向かう人も。発端はトイレがあまりにもきれいで快適であるからだ。オーストラリアには10分経ったら自動的に開くトイレもあるらしいが、お金をむしりとってるなら採用してみてはどうか。

上のリンク参照。

  • 東京一工
東京大学、京都大学、一橋大学、東京工業大学の4つを指す。総合大学のトップ2と、文系大学のトップ、理系大学のトップをまとめた言葉。

  • 東京大学
言わずと知れた、日本最高峰の大学。これ以上多くを語る必要はない。しかし、京大も良い。

  • 東進ハイスクール
林修や安河内など数多くのタレントを輩出する予備校。
講師を売りにしている。実際、林修や志田晶などは元河合塾講師である。有名講師たちのCMが話題をよんだ。各予備校の有名講師を引き抜くため、講師の質は高い。なにやら現役東大合格者の3人に1人が東進生らしい。東進の模試は質が他の予備校に比べて圧倒的に悪い。最短でわずか1週間という恐ろしい早さで模試が返却されるのが特徴。東大本番レベル模試がまだギリギリ許容できる範囲。

  • ドキュン(DQN)
教室、廊下、自習室など所構わず群れて騒ぐ人のこと。どうやら予備校を大学と勘違いしているよう。特に現役生や真面目な大受生からは煙たがられている。リフレッシュルームにたまっていることも多い。金髪は大概これに当てはまる。男子が多いイメージがあるが女子も一定数いる。

  • 突破シリーズ
大学受験科の1月上旬(センター直前期)のこと。センター試験で受験する科目のテスト&解説が各科目1回ずつ行われる。

  • 最終更新:2018-10-10 22:06:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード