英語-テキスト

Tテキスト

  • 英文法・語法T
作成チーフは島田浩史先生。
文法・語法の4択問題や整序英作文などを扱う。Tは変化球のかかった問題が多く、センターレベルを超え、難関私大に対応したものとなっている。

正直かなり難しい。ネクステやVintageの発展問題と+αしたレベルが多くを占める。
予習時は、特に4択と言い換え問題が難しいと思うが、サブテキを併用してある程度納得しておいた方がよい。

主なターゲット層は恐らく国公立勢の併願先である早慶や他の難関私立対策だと思われる。
実際の効果だが、文法問題に強くなるというより、読解や解釈力が強まる仕組みであるようだ。
比較分野等、京大等で頻出にも拘らず解釈で厚く対策できない分野は、こちらのテキストの網羅性がかなり効いてくる。
文法問題が出題されない大学を受験する際も、バカにせずこのテキストをやるべきである。

完成シリーズの後半講はテストゼミ。
なお、このテキストを余り良く思わない講師も多い。実用英語とかけ離れているからだそうで、実用英語からすれば複数正解となる問題も配置されている。
ただ、そうはいっても入試で出題される大学を受験するのであれば対策しなければならないし、また問題の質や習得文法事項からして、学術英語を目標としているのは明らかである。
上述の通り、解釈や読解力、はては作文の減点されないセンスも身につく非常に良質のテキストと言える。

  • 英文解釈T(基礎シリーズ)
  • 英文読解T(完成シリーズ)
作成チーフは中尾悟先生。
…なのだが講師マニュアルの全訳は師によるものではなく、誤解を招く訳出も散見される。

的確に文意を把握するために、英文和訳を通して、英文の文構造を学習する。
京大、阪大をはじめ、かなり難易度の高い英文も見られる。ガチガチの哲学系の文章が多め(現在はそうでもなく、自然科学系にも割と接近した思想系が多い。)。そんなに古い英文はなく、適度に改訂している模様。
木下先生曰く、京大志望の生徒以外は正直オーバーワークであるとのこと。
テキスト英文の音声は塾生専用ページからダウンロードできる。
サトリンは音声を用いたリスニングを推奨する。実際、この程度の英文をすぐ日本語に脳内変換出来れば速読にも繋がるし、解釈の泥沼にもハマりにくくなる。

完成シリーズからは『英文読解T』という名称に変わる。テキスト構成は基本的に『英文解釈T』と同じ。基礎シリーズのように英文和訳だけでなく、英文の内容について問う設問もある。ただ、実際には和訳問題として出題された箇所を半ば無理矢理、内容説明問題にしているので、はっきりとは答えにくい設問がある。
基礎シリーズより長文チックになっていて、偶に単語レベルで簡単な英文も見られる。その分、パラグラフごとの繋がりや文章内容を重視した授業となる。
テキスト英文の音声は塾生専用ページからダウンロードできる。

  • 英語長文総合演習T
作成チーフは玉置全人先生(中部の講師)
長文読解の力をつける。
問題は和訳、適語補充など長文の総合問題。
題材となるジャンルを様々なところから採ってきており、文章の内容も興味深いものが多くなっている。
テキスト英文の音声は塾生専用ページからダウンロードできる。
完成シリーズから特定大の授業がある場合には特定大講座に置き換わり、ない場合には英語長文総合演習の授業がある。

  • 英語表現T
作成チーフは杉山俊一先生(中部の講師)
和文英訳・自由英作文のテキスト。
英語として自然な訳出をできるように、語のもつニュアンスやコロケーション、語の配置の仕方を学習する。
2パターンあるようで、2年前のテキストと「ほとんど」一緒だが、一部改訂はされている模様。
各講warming up、演習問題、補充問題、自由英作文系統で編集。巻末付録として基本文例と自由英作文の基礎知識付き。
warming-upはあまり重視しない生徒も多いだろうが、中村素和氏は重要表現が詰まっていると仰る。また、下の日本語訳を見なければ高度な整序問題となりうる。
演習問題では短めの文から京大の過去問まで広く扱う。どの先生も仰るが、この演習問題と巻末付録の基本文例は必ず暗唱すべきである。
ハイレベル英作文添削ゼミが無くとも、このテキストを理解・暗記すれば京大阪大といっても立ち向かえるとはサトリンの言葉である。



無印テキスト

  • 英文法・語法

  • 英文解釈(基礎)
  • 英文読解(完成)
的確に文意を把握するために、英文和訳を通して、英文の文構造を学習する。
ガチガチの哲学系の文章が多め。そんなに古い英文はなく、適度に改訂している模様。
テキスト英文の音声は塾生専用ページからダウンロードできる。
完成シリーズからは『英文読解』という名称に変わる。テキスト構成は基本的に『英文解釈』と同じ。基礎シリーズのように英文和訳だけでなく、英文の内容について問う設問もある。ただ、実際には和訳問題として出題された箇所を半ば無理矢理、内容説明問題にしているので、はっきりとは答えにくい設問がある。
基礎シリーズより長文チックになっていて、偶に単語レベルで簡単な英文も見られる。その分、パラグラフごとの繋がりや文章内容を重視した授業となる。
テキスト英文の音声は塾生専用ページからダウンロードできる。

  • 英語長文総合演習
長文読解の力をつける。
問題は和訳、適語補充など長文の総合問題。
題材となるジャンルを様々なところから採ってきており、文章の内容も興味深いものが多くなっている。
テキスト英文の音声は塾生専用ページからダウンロードできる。
完成シリーズから特定大の授業がある場合には特定大講座に置き換わり、ない場合には英語長文総合演習の授業がある。

  • 英語表現
和文英訳・自由英作文のテキスト。
英語として自然な訳出をできるように、語のもつニュアンスやコロケーション、語の配置の仕方を学習する。

  • 英文法・語法/英文解釈サブテキスト
Tテキスト、無印テキスト共通。文法事項の解説などが載っている。
文法編は、文法語法の予習時に熟読すべき。講師の発言をメモしたり、マーカーを入れていけばよい。
基本事項も多いが軽視せず、特に完成シリーズの事項は理解?暗記しておけば(地味に)解釈で活きる。

解釈編では、解釈テキストの講師マニュアル記載の参照番号を参考にしよう。
星の数はあてにならないが、いずれも超頻出事項である。
さすがに京大頻出のas識別等は詳しくは書かれていないが、そこは京大テキストの付録でカバーしよう。

因みに、このサブテキは土橋先生が絶賛していた。

  • トップレベル私大英語演習

  • 難関私大英語演習

  • Comprehensive English(基礎のみ)
東大コースで使用。2年周期。
リスニング、発音、英作文を通して総合的な英語力を高める(とされているが、発音練習は単語を一回読むだけであったりする)。講師は外国人講師。予習は要らないが、毎回英作文の宿題が出て、授業内で提出する。広すぎて浅くなりすぎるので注意が必要。
カリフォルニア大学バークレー校と共同開発したらしい。
毎講発音チェック、リスニング文章から問題予測、入手問題2題、自由英作文から構成されている。
PART2(WARMING UP)、PART3(TEST LISTENING)は同テーマを扱う。
完成シリーズでは東大英作文/リスニングに置き換わる。

  • Listing Comprehension


大学別テキスト

  • 東大英語
テキスト編集者は 久恒、高沢、小林、矢次、ガイフィッシャー。高沢先生が(東大Project)チーフ。

各講3~4題、長文総合、解釈、文法系、要約を扱う。

問題は主にOPの過去問、他大学過去問の大幅改題を採用している。
 ?高沢先生や刀根先生は過去問も解くことを強く勧める。
 ?昔、元東大チーフの豊島先生が、「東大受験生は過去問20年分やってマース!」と仰ったせいで、東大過去問をほとんど使わない伝統が今も続いているそう。
 ?対照的に、京大テキストはここ20年で刀禰先生と中村先生で過去問志向にひっくり返したらしい。
大学別にしては内容が盛りだくさんな東大なので、他大学志望であっても有用な良く練られたテキスト。

  • 東大リスニング・東大英作文
英語長文Tが、東大英語へと変わる。基礎シリーズより分量が増え、小説、要約、段落整序、文補充、和訳、文法問題の中から毎回3題程度扱う。問題はほぼ全て河合塾のオリジナル問題。基礎シリーズと異なり、英作文とリスニングを隔週で行うため、一部の講師、生徒には評判が悪い。 英作文は、授業中に解答する時間が設けられる。英作文、リスニング共に、東大の傾向に合っていないものも見受けられる。
  • 京大英文解釈
  • 京大英作文
作成チーフは刀禰先生,江本先生、佐野先生の3人が担当。内容は毎年改変しているらしい。
解釈は長文の和訳や指示内容の記述問題が1題とやや短めの文の和訳問題が1題とで構成されている。長文1題のみの講もある。
英作文は毎講2題構成。3,6,9講はテストゼミになっており、添削がある(2015,16年度時点)。

  • 医進英語
作成チーフは江本先生。
医進コースの生徒が完成シリーズから受講する。短めの英文解釈と長文の二題構成になっており、1講で扱う分量が多い。これを90分で終わらさなければならない講師も大変である。トップ、ハイどちらも使うテキストのためか、難易度は標準~やや難レベル。実力のある人は、時間を計って解き、完答近く目指したい。

  • 一橋大英語

  • 阪大英語
テストゼミ形式。
英文解釈&英作文の回、長文読解の回を交互に実施。答案の添削はされず、自己採点。

  • 神大英語

  • 早慶大英語

  • 関関同立大英語

  • 最終更新:2018-09-09 22:16:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード