藤田貴志

京大理学部を中退後、同大学院の修士課程に入学(飛び級)。その後、博士課程に入学、博士認定を受けた後、大学院を中退。滋賀出身。京大在学中はかの吉田寮に住んでおられた。アメフト部にも所属していた。
浪人経験あり。スペインに住んでいたことがあるとかないとか。

担当はセンターレベルから東大理類数学までとかなり幅広い。最近はグループディスカッション形式の授業を推進している。授業では様々な形式を実践している。おそらく数学の力を伸ばすのに、最善の授業形式を模索しているのだろう。

授業は基本中心とはいえ、発展事項もカバーしており、その基本は学校で教えられるものとは違う視点のものもあり、戸惑う者もいる。問題を解く際の方針の立て方に重点を置いている。問題から読み取り方やそこから得られる情報の捉え方を指導してくれるため、難しい問題に直面したときにどのように対応するかという指針を立てる力が身につき、分からない問題にぶつかったときにも、すぐに諦めない忍耐も得られる。難関大理系学部や国公立大医学部を受験するなら、藤田先生の授業は是非受けたい。その他、基本を終えた後、きちんとした理論に基づいたテクニックも教えることがある。

熱血なところと、純粋なところの両面が垣間見える。また論述に関して要求するレベルが高い。
センター数学の授業でもかなり上手である。普段の授業と同様に、記述答案のような解答を律儀に書く講師とは違い、藤田先生は「センターでは、途中過程(書き方、解き方)は採点されない。だから、センター対策の授業では記述答案の紹介は非効率で、実際の問題用紙にどういうメモをしているかを紹介する必要がある。」という考えの下、本人がメモを書き入れた問題用紙(受験生藤田くんのメモ)のコピーを生徒に配っている。もちろん方針の立て方は説明している。


子供っぽい時がある。北斗の拳や、ドラゴンボールを使った例を挙げる。
数学科講師の山本敏典先生と仲がよく、授業も似かよった点が見られる。
部分分数分解をBBB、パラメーターをキューピッドと呼ぶとか。


文字が汚いのを、結構気にしている。川口理志先生や中村素和先生の文字を見ると少し安心するらしい。しかしながら気にするほど汚くはなく、十分判読可能。
河合塾講師『藤田貴志』WEBサイトという自身のホームページがあり、そこでは、基礎シリーズのテキスト問題のヒント(藤田先生の担当講座のみ)や計算・暗算トレーニングの問題、学習アドバイス、様々なお知らせなどが載っている。非常に役に立つ!完成シリーズになると志望校・学部によって解けなければいけない問題や捨て問を判断できるように、テキストの問題レベルを5段階で評価している(こちらも藤田先生の担当講座のみ)。ページによっては閲覧にパスワードが必要なものがあるので、先生に直接聞きに行くか授業で教えてもらわなければならない。
完成シリーズの第7,8講のあたりで、テキストが本格的に総合演習に入ると、藤田先生の担当の授業では完成シリーズからビクトリーシリーズに呼び名が変わる。ビクトリーシリーズからは毎回が入試本番だと思って取り組むことを推奨している。

このページの存在には2016年11月頃に気づいたらしく、本人いわく「じゃんじゃん書いてほしい」とのこと。

また、同じ数学科の涌谷先生とは仲がいいらしく、授業中に時折涌谷先生のモノマネをしてくれるが結構クオリティーは高い。

お子さんが「悟りの境地」を開いたらしい。ぜひお話を聞いてみたいものである。

問題の解答を律儀に板書する講師が多い中、藤田先生は、その問題の解答解説や、問題の背景そのものよりも、問題から読み取れる条件の読み取りや、目的の分析、方針の立て方、出て来た解答の吟味といったことを講義されるので、予習で出来なかった問題を通して、次にまた問題に出会った時にどう向き合ったらよいのかを考えさせられる。解答を律儀に丁寧に解説し板書したり、通り一遍の背景知識の解説をする他の上位担当の講師の講義が退屈でつまらなく思えてくる。背景を知っているから解けるのではなく、ちゃんとした考え方のプロセスで初見の問題が解けるように指導される。1つの問題を素材として、いろいろな見方を提示してくれる(おまけにそれらを律儀に詳しく完璧には板書しないから授業が充実している)。なかなか見ない考え方、見方も教えてくれる。生徒を当てていくので、そこも良い緊張感があって面白い。答案の書き方の指導も、書かない講師が多い内容にも言及するので、上位層にも新しい発見がある。

  • 最終更新:2018-10-04 11:17:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード